vHoge

VMwareのアレコレ備忘録。CLIでがんばるネタ多め。

【備忘録】vROps のデプロイ

vROps をデプロイしたので、備忘録がてらの作業ログ。
ナビ通りに行っただけなので、特に目新しい話は無いと思います。

OVF デプロイ

vROps の OVF デプロイ。 vSphere Client からやっても別にいいんですが、再利用性云々を考えて、ovftool を使って CLI からデプロイする。

ovf の中身見ながらオプションを書き出していくと下記。
(DNS 故障中なので全部 IP 指定…)

/usr/local/bin/ovftool -n=vrops01.home.lab \
                       -ds=datastore1 \
                       -dm=thin \
                       --net:'Network 1=VM Network' \
                       --prop:vamitimezone=Asia/Tokyo \
                       --prop:forceIpv6=False \
                       --prop:vami.gateway.vRealize_Operations_Manager_Appliance=192.168.0.1 \
                       --prop:vami.domain.vRealize_Operations_Manager_Appliance=home.lab \
                       --prop:vami.searchpath.vRealize_Operations_Manager_Appliance=home.lab \
                       --prop:vami.DNS.vRealize_Operations_Manager_Appliance=192.168.0.41 \
                       --prop:vami.ip0.vRealize_Operations_Manager_Appliance=192.168.0.71 \
                       --prop:vami.netmask0.vRealize_Operations_Manager_Appliance=255.255.255.0 \
                       --allowExtraConfig \
                       --deploymentOption=small \
                       --acceptAllEulas \
                       --noSSLVerify \
                       --powerOn \
                       ./vRealize-Operations-Manager-Appliance-8.1.1.16522874_OVF10.ova \
                       'vi://192.168.0.60/dc01/host/cl01/192.168.0.61'

(表示幅の問題で非常に見難い…)
prop 指定で ClassId とか InstanceId がある場合、
[ClassId].[Key].[InstanceId] の形式での指定になる。

デプロイログ

$ ./vrops_deploy.sh
Opening OVA source: ./vRealize-Operations-Manager-Appliance-8.1.1.16522874_OVF10.ova
The manifest validates
The provided certificate is in valid period
Source is signed and the certificate validates
Certificate information:
  CertIssuer:/C=US/ST=California/L=Palo Alto/O=VMware, Inc.
  CertSubject:/C=US/ST=California/L=Palo Alto/O=VMware, Inc.
  -----BEGIN CERTIFICATE-----
  MIIDyzCCArOgAwIBAgIJAKH7xLtwMqSZMA0GCSqGSIb3DQEBBQUAME0xCzAJBgNV
  BAYTAlVTMRMwEQYDVQQIEwpDYWxpZm9ybmlhMRIwEAYDVQQHEwlQYWxvIEFsdG8x
  FTATBgNVBAoTDFZNd2FyZSwgSW5jLjAeFw0xMDAyMjYyMjE3NDFaFw0yNjAxMDMy
  MjE3NDFaME0xCzAJBgNVBAYTAlVTMRMwEQYDVQQIEwpDYWxpZm9ybmlhMRIwEAYD
  VQQHEwlQYWxvIEFsdG8xFTATBgNVBAoTDFZNd2FyZSwgSW5jLjCCASAwDQYJKoZI
  hvcNAQEBBQADggENADCCAQgCggEBALU9NUtC39fqG7yo2XAswUmtli9uA+31uAMw
  9FFHAEv/it8pzBQZ/4r+2bN+GnXOWhuDd1K4ApKMRvoO4LwQfZxrkx4pXrsu0gdb
  4OunHw0D8MrdzSoob8Js/uq+IJ+8Bhsc6b7RzTUt9HeDWzHasAJVgMsjehGt23ay
  9FKOT6dVD6D/Xi3qJnB/4t/XNS6L63dC3ea4guzKDyLaXIP5bf/m56jvVImFjhhT
  W2ASbnEUlZIVrEuyVcdG7e3FvZufE553JmHL0YG/0m5bIHXKRzBRx0D3HHOAzOKw
  kkOnxJHSTN4Hz8hSYCWvzUAjSYL3Q8qiTd7GHJ2ynsRnu3KlzKUCAQOjga8wgaww
  HQYDVR0OBBYEFHg8KQJdm8NPQDmYP41uEgKG+VNwMH0GA1UdIwR2MHSAFHg8KQJd
  m8NPQDmYP41uEgKG+VNwoVGkTzBNMQswCQYDVQQGEwJVUzETMBEGA1UECBMKQ2Fs
  aWZvcm5pYTESMBAGA1UEBxMJUGFsbyBBbHRvMRUwEwYDVQQKEwxWTXdhcmUsIElu
  Yy6CCQCh+8S7cDKkmTAMBgNVHRMEBTADAQH/MA0GCSqGSIb3DQEBBQUAA4IBAQCP
  nVEBVF2jYEsgaTJ1v17HNTVTD5pBPfbQk/2vYVZEWL20PtJuLeSWwoo5+TnCSp69
  i9n1Hpm9JWHjyb1Lba8Xx7VC4FferIyxt0ivRm9l9ouo/pQAR8xyqjTg1qfr5V8S
  fZElKbjpzSMPrxLwF77h+YB+YjqWAJpVV+fAkAvK7K9vMiFgW60teZBxVW/XlmG0
  IJaSUWSI3/A+bA6fuIy8PMmpQMtm0droHrCnViAVRhMMgEC/doMH1GqUSmoiyQ1G
  PifLAp5wV5/HV+S9AGrb8HGdWIvW+kBgmCl0wSf2JFYm1bpq30CVE4EC0MAY1mJG
  vSqQGIbCybw5KTCXRQ8d
  -----END CERTIFICATE-----


Enter login information for target vi://192.168.0.60/
Username: administrator@vsphere.local
Password: *************
Opening VI target: vi://administrator%40vsphere.local@192.168.0.60:443/dc01/host/cl01/192.168.0.61
Deploying to VI: vi://administrator%40vsphere.local@192.168.0.60:443/dc01/host/cl01/192.168.0.61
Transfer Completed
Powering on VM: vrops01.home.lab
Task Completed
Completed successfully

Manager 初期セットアップ

ここからは vROps の WebGUI より初期セットアップ。

最初の画面

f:id:masahiroirie:20201114212811j:plain 高速インストールで。

1.はじめに

f:id:masahiroirie:20201114212925j:plain 特に設定なく次へ

2.管理者の認証情報を設定

f:id:masahiroirie:20201114213022j:plain vROps ローカルの管理ユーザ設定。
パスワード要件が微妙に違うので、いつものパスワードルールが使えず面倒…

3.設定内容の確認

f:id:masahiroirie:20201114213309j:plain おめでとうございます…って、確認とは…

準備中

f:id:masahiroirie:20201114213426j:plain 10分ぐらい?数分とあるけど、思ったより時間かかった。

初期セットアップ完了

f:id:masahiroirie:20201114213623j:plain Clarity 風ログイン画面が表示されたら初期セットアップ完了。

Manager 構成

初期セットアップで入力した管理者情報でログインする。

1.ようこそ

f:id:masahiroirie:20201114213815j:plain Manager を構成していく。これも初期セットアップな気が…

2.EULA への同意

f:id:masahiroirie:20201114213915j:plain 暗唱できるまで読み込みましょう。

3.ライセンス キーの入力

f:id:masahiroirie:20201114214738j:plain ライセンスキーを入力しなくても 60 日間は評価モードで動かせるので、
後で正規ライセンスを登録しても良い。(忘れなければどちらでもおけ)

4.カスタマー エクスペリエンス向上プログラム

f:id:masahiroirie:20201114214723j:plain CEIP 参加選択。homelab なので参加しておく。

5.設定内容の確認

f:id:masahiroirie:20201114214824j:plain おめでとうございます…だから、確n(ry

ここまでで構成完了。

クラウドアカウントの追加

vCenter との接続。クラウドアカウントの追加って言うんですね。

クラウドアカウント

f:id:masahiroirie:20201114215116j:plain ヘッダーの管理から辿り、クラウドアカウントを追加する。

アカウントタイプ

f:id:masahiroirie:20201114215220j:plain おぉ、vCenter や VMC 以外に AWS や Azure とかあるのね。めっちゃ今時感。
今回はローカル vCenter なのでアカウントタイプは vCenter を選択。

クラウドアカウントの追加

f:id:masahiroirie:20201114215851j:plain 接続先 vCenter の情報として、識別名や接続先 IP or FQDN を設定。

認証情報の追加

f:id:masahiroirie:20201114220141j:plain vCenter のアカウント情報を登録。
今回はあまり考えずに administrator を与えちゃう。

接続の検証 → 証明書の確認と承諾

f:id:masahiroirie:20201114220237j:plain 接続テスト。証明書確認が出てくる。

検証の成功

f:id:masahiroirie:20201114220405j:plain 成功。

追加

f:id:masahiroirie:20201114220431j:plain 設定した情報が保存され、接続が開始される。

収集中

f:id:masahiroirie:20201114220505j:plain 接続後、初期の情報収集。規模によりけりだけど最低でも数分はかかるはず。

完了

f:id:masahiroirie:20201114220614j:plain OK になったらひとまず完了。

ホームでガチャガチャ触ってると何か見えるようになっているはず。